バスタオルの臭いを消す方法とは?

バスタオルの臭いを消す方法とは?

バスタオルの臭いを消す方法とは? バスタオルの臭いを消す方法は、除菌効果がある酵素系の漂白剤を使用することです。
この漂白剤はぬるま湯に溶かしておき、そこにバスタオルをつけます。
30分から1時間程度つけてから洗濯をしましょう。
長時間つけておくと生地が傷みますので、忘れて放置しないように気を付けましょう。
洗濯の仕方はいつも通りで問題ありません。
洗濯した後は、すぐに脱水して干すことが大切です。
これは、臭いの元である雑菌の繁殖を防ぐためです。
干す際は、バスタオルをきちんと広げて他の洗濯物と重ならないようにすることが大切です。
また、洗濯槽に汚れやカビがこびりついていて、それが臭いの元になっている場合もあります。
その場合は、洗濯槽を酵素系漂白剤を入れて洗浄すると良いでしょう。
洗浄した後は数時間放置しておくと汚れが浮いてきますので、汚れを取り除いて戦場を繰り返します。
汚れが出てこなくなったら脱水しましょう。
洗濯槽の洗浄は数ヶ月に1回程度の頻度で行うと汚れやカビによって臭いがつくことを防げます。

臭いの付いてしまったバスタオルも諦めないで!

臭いの付いてしまったバスタオルも諦めないで! バスタオルを使うとき、ぞうきんのような臭いがして嫌な思いをしたことがあるひとが多いと思います。
お風呂で体をきれいに洗ってもタオルが臭うと不快な気分になります。
せっかくならにおいのないきれいなタオルで体を拭きたいものです。
いくらタオルを洗濯してもにおいが取れないこともあり、そういったタオルは思い切って捨ててしまっているか、中にはタオルはにおうものと諦めて使っているひともいるようです。
でもそういったタオルでも臭いを完全に取る洗濯方法があるようなので紹介していきます。
タオルがにおう原因は、細菌によるものです。
タオルについた細菌が完全に落としきれないまま、そのまま干してしまうと細菌が繁殖してしまって臭いを発生させてしまいます。
洗濯方法は、熱湯でタオルをつけておくのは一番良い方法です。
細菌は熱によって死滅し、いやなにおいもなくなります。
もし熱湯を用意するのは大変なら、40度以上のぬるま湯でも効果はあるようです。
熱湯洗いをすることで、いやな臭いのするバスタオルも諦めないで済むことができます。